0

この動画は無料会員登録の上、
ログインしてご覧下さい。
  ログイン

病院の入退室管理の重要性

チャプター

概要

入退室管理と言う言葉には、単に鍵の管理を思い浮かべる方、特定の部屋への入退室について記録を取る事を
思い浮かべる方、大元の施設の出入口でのチェックを行う事を思い浮かべる方など色々な意味で取られる方がいると思います。
その全てを含めて「誰が」「何時」「どの部屋に」を記録し、管理する事が入退室管理となります。
「誰が」を特定する方法、「何時」を記録する方法、どの「部屋」を管理するか、どれが抜けてもリスクが発生します。
今回の講義は、そのリスクの背景、入退室管理に必要なこと、入退室管理のポイントを学びます。

 


講師

渡邉 宏明 株式会社フォトシンス 代表取締役副社長 COO


~2011年 学生時代に早稲田大学環境NPO環境ロドリゲスの企画である
      全国学生環境ビジネスコンテストem factory(エム ファクトリー)の運営を務める。
2011年  ソフトバンクに入社。孫 正義社長の後継者育成プログラム「ソフトバンクアカデミア」
      3期生として、孫社長より直々に経営学を学ぶ。
2014年  世界初の完全後付け型スマートロックロボットAkerunを開発する株式会社フォトシンスを創業、
      取締役副社長COOに就任。
 

-->
   資料ファイルがあります 

(document1.pdf / 2MB)