0

この動画は無料会員登録の上、
ログインしてご覧下さい。
  ログイン

【第3回】「事例から考える その2」 講師:和田 仁孝

チャプター

患者コミュニケーション ~医療メディエーションの応用~

 

概要

患者さんと医療者の間のコミュニケーションにおいては、同じ言葉を用いていても、必ずしもその意味を同一に捉えられない場合があります。患者さんと医療者には、医療の知識に大きな差があるだけでなく、患者さんは自身の生活環境などに沿った受取り方をするものです。

まずは、「例え、同じ言葉で話しても、すべての患者さんに同じように理解を得ることはできない」ということを知り、お互いの認識の差を埋める努力が求められています。

 

シリーズアジェンダ

【第1回】医療現場のコミュニケーション問題
【第2回】事例から考える その1
【第3回】事例から考える その2
 

講師

和田 仁孝 早稲田大学大学院 法務研究科 教授

日本学術会議 連携会員
日本医療メディエーター協会 代表理事
厚生労働省社会保障審議会医療保険部会 委員
国土交通省中央建設工事紛争審査会 委員

1979年3月  京都大学法学部卒業(法学士)
1986年3月  京都大学大学院法学研究科博士後期課程修了
1987年4月  京都大学法学部助手
1988年4月  九州大学法学部助教授
1996年4月  九州大学大学院法学研究院教授
2004年4月~ 現職

医療紛争の領域で、医療メディエーションのモデルを構築し、日本医療メディエーター協会代表理事として医療メディエーター養成など実践的にも活躍している。

-->