医療安全

医療機関において、「医療安全」は医療の質に関わる重大な課題であり、患者さんに安全な医療を提供することは、医療に当然に求められる基本です。すべての職員が安全な医療の重要性を認識し、かつその認識を踏まえて行動すること、組織としては、院内に安全管理体制を確立することが必要です。また、医療安全の取組みに関わるのは、医療機関とその職員だけではありません。患者さんやその家族に説明し、理解を得るとともに、その意見を取り入れながら相互に協力できる関係性を築くことも不可欠です。

医療安全において最も大切にすべきことの一つは、コミュニケーションです。言葉や文字のやりとりは、人と人の双方がお互いを尊重しあいながら、その中で情報を伝えあうことだといえます。近年は、チーム医療の中でコミュニケーションレベルを高めるための取組みが、あちこちの医療機関で見られるようになりました。また臨床現場におけるICTの普及は、コミュニケーションのあり方を変え、現場の運営を大きく変化させる可能性を秘めています。

ここでは、医療安全に対する実際の事例、考え方のヒントを、動画で紹介します。
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員