働き方改革

「働き方改革関連法」が6月29日の参院本会議で成立しました。働き方改革関連法は、労働基準法を改正し、労使協定(36協定)の締結で可能となる時間外労働の上限を「月45時間、年360時間」、繁忙期の特例でも「年720時間」と定めるもの。施行は原則2019年4月としつつ、中小企業には20年4月に適用。医師、自動車運転業、建設業については、業務の特殊性に配慮し、法施行5年後に適用する。と言う物です。医師の方に関しては、医師法により「正当な理由がなければ医師は診療を拒んではならない」とする応召義務を規定されており、「働き方改革関連方」と「医師法」の間で非常に難しい所があります。
 医療現場での過労は医療の質の低下やミスにつながり、患者様へ不利益をもたらすことにもつながります。労働諸法令が何を求めているのかを理解して頂き、無理のない対策をどのようにすれば良いかお考えいただける内容をご紹介いたします。
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員