患者コミュニケーション

患者さんと医療者の間のコミュニケーションにおいては、同じ言葉を用いていても、必ずしもその意味を同一に捉えられない場合があります。
患者さんと医療者には、医療の知識に大きな差があるだけでなく、患者さんは自身の生活環境などに沿った受取り方をするものです。

まずは、「例え、同じ言葉で話しても、すべての患者さんに同じように理解を得ることはできない」ということを知り、お互いの認識の差を埋める努力が求められています。
会員  
会員  
会員  
会員  
会員  
会員